展示会等で配布するノベルティ

今や色々なコンセプトの展示会が催され出展する企業にとっては新製品の発表の場であったり新規顧客の開拓であったりとコストと時間に労力をかける一大イベントです。

そんな企業にとって来場者に企業名を覚えて頂くためにもオリジナリティ豊かなノベルティ配布が効果絶大です。しかしノベルティにかけるコストを成約し企業名入りのペンやマーカー、メモ帳なんて一般的すぎるノベルティではその効果も薄れます。やはりここは会社が遊び心を持って自社のオリジナリティあふれる物をあえて制作する事をお勧め致します。それもどこか外注業者に作らせるのでは無く自社の技術や製品を盛り込んだ物を制作しましょう。

外注業者に作らせるのでは大手資本のメーカーには到底及びません。ある3次元CADメーカーでは社名入りタンブラーを配布したりしております。そこで決して大きはないが技術に長けた面白い企業をノベルティからご紹介します。ある金属部品の展示会場でメタルインジェクション技術を売りにする企業で社長が趣味の紙飛行機対空記録でギネスを持っている会社です。ここのノベルティでメタルインジェクションにて製造した枠の中に紙飛行機が入ったストラップを頂きました。企業オリジナリティあふれる逸品です。

又、ある精密ねじ企業ではねじが付いたピアスのセットです。何故にねじ企業がピアス?っと一瞬思いましたが何とピアスの台座の金具はマイクロヘッダーと言う精密ねじを生産する機械で作られているそうです。この様に自社独特の商品等での物の方が受け取った側も記憶に残ります。しかし遊び心が持てるか否かが最大の問題かも知れません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *