衣類のノベルティは珍しいか

町を歩くと企業名の入ったTシャツをみかけることは最近よくあります。

実はそういう物もノベルティグッズとして作られた物が多いのです。有名企業や世界企業の場合はその社名が入ったノベルティグッズ自体がプレミアがついていたり、ネットで取引されていることもありますが、中小企業であっても衣類のグッズというのは珍しいかといえば、そうでもありません。例えば帽子やTシャツ、イベント時のサンバイザーなど実に様々なグッズが作られています。

帽子やサンバイザーであれば着脱できるのでTシャツに比べると使用している人は多いのではないでしょうか。ノベルティとしてのTシャツなどは、デザインが良ければ目を引くことができるので、社名や商品名をアピールしやすくなります。また多く製作して余っても、災害時などに無料配布すれば、積極的に社会に貢献している立派な企業として世間から見てもらうことにもつながります。

なにを作っても無駄になるようなことにはなりません。バッグやポーチ、リュックなども同じでそれを使ってもらうだけでもノベルティとしての役目は果たしていることになります。ボールペンやクリアファイルなどの文具も良いですが、より社会にアピールしようとするならば、衣類に目を向けることも良いでしょう。納期は作る物によって長くなったり短くなったりしますので、見積もりを頼む時点でしっかり把握しておくことが重要です。様々なグッズを実際に見比べることによってイメージを膨らませることもポイントになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *