今と昔のノベルティグッズの違い

社名の入ったボールペンやメモ帳を粗品としてもらうことは多々あります。

学校に通っていた子供の頃にも、記念品の鉛筆や図工で作って応募した作品の入賞商品には、格企業の社名が入っていたことでしょう。昔はこのように何かの折に貰うことのできた記念品や粗品などが、いわゆるノベルティグッズと言われる物です。その他には銀行口座を作るともらえる食器や湯呑セットなどもあり、契約商品によりますがかなり豪華な物もありました。しかし食器などは各家庭に普通にあるので、使わずに食器棚に並んでいるだけの場合もあります。

そもそもノベルティとは、企業や商品をアピールして消費者や取引先の会社に覚えてもらいやすくするために渡す物です。豪華であっても使われずにいたなら、その意味がありません。近頃では印刷面の大きなクリアファイルや一年中目に入るカレンダーなどが喜ばれます。その他、ばらまき専用のノベルティなども効果はてきめんです。ポケットティッシュやウェットティッシュ、うちわなどが代表的でしょう。豪華なノベルティは価格も高く設定されていて、多く作るとそれなりになります。

しかしポケットティッシュやうちわであれば、安価に作ることが可能です。また消費者にも手に取って貰いやすく、消耗品ではあっても最終的に多くの人の手に渡ることになり宣伝効果は絶大です。今のノベルティの特徴は、必ず使ってもらえる物、もしくは使ってもらいやすい物であると言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *