ノベルティを使って名刺交換をしよう

展示会を開催する企業は多いと言えましょう。

展示会では多くの顧客が訪れるため、自社開発を行った製品の商談や問い合わせ、サービスについての問い合わせを後から貰える可能性を秘めています。後から問い合わせを貰うためには、企業同士の繋がりが必要不可欠です。この繋がりの第一歩となるのが名刺交換、互いの氏名や役職などを知ることは後からのビジネスシーンの中で最大限に活かされるものとなります。展示会の中ではノベルティを製作して、自社のブースに訪問してくれた顧客に手渡すことが多くあります。

最近は、入場時にバーコード付きのカードを配布、ノベルティを配布する時にはバーコードを読み取った上で配布を行うことが多くなっています。このバーコードには会社やメールアドレス、そして氏名などの情報と結びつけることが出来るものが含まれており、展示会に来て貰った際のお礼や情報提供を後から行うことが出来るようになっています。しかしながら、名刺交換は企業担当者との結び付きを期待出来るものでもあり、魅力あるノベルティを用意しておくことは、名刺交換にも繋がって来ます。

交換で来た名刺は顧客リストの作成が出来ますし、顧客も自分の名刺を受け取ってくれているなどからも、後から電話でのコンタクトを行う時にも比較的スムーズに行えますし、アポイントメントを取りたい時にも有利になります。尚、展示会でのノベルティは多くの顧客に配布するなどからも予算の中で大量に製作出来るものを選ラブのがポイントになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *